スタッフブログ

羽毛布団の選び方~国内生産編

181110

ベッドでおやすみになる際は、身体にフィットする羽毛ふとんをお使いいただければ、
「掛布団がずれ落ちる」という悩みが軽減されます。
城山家具では、軽くて、しなやかで肌添いが良い国内一貫生産のフランスベッド社、羽毛ふとんをおススメしております。

昔に比べ、簡単に安い海外製品が手に入り、羽毛ふとんは手近なものになりました。
その反面、粗悪な製品も多く市場に出回っていることは否めません。
1年間に日本市場に流通する羽毛ふとんは約400万枚。その内約67%が中国を中心とした国々からの輸入商品です
※2017年財務省「貿易統計」・経済産業省「繊維生活用品統計」より

きれいな水が、きれいな羽毛をつくる
※画像をクリック(タップ)すると、拡大画像をご覧いただけます。
国内生産その1
こだわりの水は、静岡県掛川市、遠州地方に染み湧く水は羽毛の精製に適したきわめて軟水を使用しております。

国内一貫生産は、安心・安全に対する細心の心遣い
※画像をクリック(タップ)すると、拡大画像をご覧いただけます。
国内生産その2

羽毛の匂いの原因の1番は羽毛の洗浄不足
水鳥から採取された直後の羽毛は汚れや雑菌、そして油脂分などが付着しております。これを専用の機械を使いしっかりと洗浄・殺菌などの作業を行い人間の体に触れても問題のないようする工程を羽毛の洗浄と呼びます。この洗浄がしっかりとされていないと、湿気と共に雑菌が繁殖したり、油脂分が獣臭さを発してしまいます。羽毛の洗浄はその精度を高めれば高めるほど、匂い発生のリスクも低くなります。
ただし、臭いに関しては個人差もあるので、『100%臭いがしない』羽毛布団はありません。

羽毛ふとんの隅々まで安心・安全
※画像をクリック(タップ)すると、拡大画像をご覧いただけます。
国内生産その3
一度の洗浄に使用する水は、洗浄効果が最も発揮される50~60℃に保たれた軟水32t。
洗浄2回、6回以上に渡って入念にすすぎ、油分を約0.5%まで落とし理想的な状態に仕上げます。
純度の高い羽毛だけが持つやさしく力強いぬくもりを引き出してくれます。

 

城山家具店頭サンプル
羽毛洗浄工程

10年保証 ロングラン保証
長期間変わらない品質を保つため、充填物を10年保証しています。

羽毛ふとんが日本で販売され45年前後、その中で、フランスベッド社は46年の歴史があります。
フランスベッド羽毛フィッティングアドバイザーの資格取得の経験を活かし、今回は「国内生産」にこだわった記事となりました。
今後も城山家具WEBサイトで羽毛ふとんの選び方について掲載していきます。次回は最も重要なダウンについて触れてみたいと思案中です。

お布団は考えてみると頻繁にお買い替えするものではありません。掛布団をご検討の方は、当店で国内一貫生産・確かな品質の羽毛布団を、ぜひ、ご体感ください。

下記リンクより「羽毛布団の選び方~羽毛(ダウン)編」「普段のお手入れ」をご覧いただけます。
羽毛布団~日頃のお手入れ編
羽毛布団~日頃のお手入れ編

関連記事

コメントは利用できません。
城山仏壇
ページ上部へ戻る