熊本へ『屋久島タンス』納品へ行って参りました!

熊本市内へ3件の納品があり、家具のお届けに行って参りました。

この日は週間天気予報では雨マークでしたが、当日はお天気に恵まれ、絶好のドライブ&配達日和!

熊本IC


では、『屋久島タンス』の嫁ぎ先をご紹介させていただきます。

お届け先はとても立派な和風建築の邸宅で、『屋久島タンス』はお座敷へと・・・。先客の桐箪笥のお隣に並べることとなりました。

お部屋にぴったりと収まり、見事です。

右が『屋久島タンス』

 

『屋久杉』とは屋久島の標高500mを超える山地に自生するスギで、このうち樹齢1,000年以上のものを言います。現在は屋久杉の伐採は禁止されており、大変貴重なものとなっています。

『屋久島タンス』の外側は屋久杉、内部は桐で作られています。

表面の屋久杉は細かく複雑な年輪が浮き出て、非常に美しい木目です。また丁寧な細工が色々なところに見られ、毎日見ていても飽きることがなく、次第に愛着が増していきます。さすが『銘木』と言われるだけのことはあります。

屋久杉木目

お客様にも大変喜んでいただけました。

 > >熊本へ『屋久島タンス』納品へ行って参りました!
<<
タイトルとURLをコピーしました